FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ 覚醒 ~

いやーどうもブログ書くこと忘れてしまうよね。この記事を心待ちにしていた方々には申し訳ないです。

さて前回見た方は思い出しながら、初めて見る方は前の記事を読んでから見てください。


※前回のあらすじ
  RO勢でクラン結成し、cwで勝率を上げていくが
  SA勢が次々と休止をしていく中一人で頑張っていくねろじま。
  彼は何を思いSAに留まったのか?
  残された彼はどうしていくのか?


~ 覚醒 ~

 最初に始めたのがSRに転向。
 性格的にこっちの方が合ってると思い動画など色々見て研究した。
 次に活動クラン。
 まずはcwができないことにはステップアップできないと考え身内や知り合いに声をかけまくった。
 すると一人の知り合いから「知り合いのクランだけど入れてもらえるように声かけてみるー」
 とコネで入れるよう手配してもらい、Aqropolice(名前はうろ覚え)に加入した。
 このクランはとりあえず人が多く、基本8vs8のcwが中心だった。
 B地区ブラックバスSLFなど50前後のクランでのcw。
 cwできるし、とりあえずcwでの打ち勝ちや場数が圧倒的に足りなかったのでとりあえず数をこなしていった。

 いつものようにcw誘われ8v8のクラン戦。相手はB地区
 この時は(あーこの人ら強いんだよなぁ・・・)って思いながらSRを持ち望んだ。
 そして結果は圧勝。この時のねろじまは22killもし、大きくクランに貢献した。
 ちょうどこの試合を境に自分はまだ上に行けるのでは?と考えるようになり、無制限cwに興味が沸いた。
 
 8vs8と5vs5のcwは大きく違うものがある。
 個人の技術、立ち回り、連携、1killの重さ
 軽くあげただけで4つも出てくる。そこからクランの特色なり方針が絡んできてcwに望んでいく。
 
 昔からFPSは好きなだけに強くなりたいと思うのも本能。
 次の日にクランのマスターに事情を説明し、クラン脱退。いいマスターだったなぁ・・・


 そして身内なども当てにできず募集部屋を転々とし、Emulousと出会った。
 まず加入条件がうちのスナイパーとウェア1vs1だったので緊張しつつ勝負。
 この時の相手はoimoさんでした。結果は忘れたけどこれならいいんじゃないか?とゆうことで加入した。
 
 銀ちゃん、おいもさん、えびちゃん、しょうごさん、などとcwをし、
 立ち回り、交戦の仕方などを少しずつ盗み自分のものにしていった。
 
 いいクランに出会えたなーと思い夜ログインしてみると・・・
 卍クラン爆発卍
 なぜそんなことになったのかは覚えていないがとりあえず解散しまーすw
 てな感じで残ったぎんちゃんなどとクランを作った。
 
 そして彼と出合ったのであった・・・・


 ~続く~
 

Comment

No title

暗黒界への誘い
フジサワ

2012.09.03 (Mon) | ふぁじお #- | URL | Edit

No title

魔界へ引きずり込まれていく・・・

2012.09.03 (Mon) | ねろ。 #- | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。